コバステッチとは

バッグを縫う時のコツ

”コバステッチ”とは、生地の端っこから1~2mmくらいのところにステッチを入れることで、”端ミシン”と言ったりすることもあります。

何のためにこのステッチを入れるかというと、生地の強度をあげるためとか、単に飾りとして入れる場合もあると思います。

コバステッチを入れるとグッと引き締まって、プロっぽくかっこよく仕上がります。

ではこのコバステッチが必要かどうか・・・

趣味でバッグを作るうえでは結論・・・どっちでもいいと思います😅

でも私はバッグを作るときには、コバステッチはたいてい入れます。

やっぱりステッチが入ると強度は確実に上がりますし、何よりもステッチを入れるとバッグがググっとかっこよく仕上がります✨✨✨

ただ、生地の端っこから1~2mmくらいのところを縫っていくので、縫い落しをしてしまう可能性もあるので、面倒といえば面倒ですよね💦

そんな時はミシンの押さえをコバステッチ専用の押さえを使って縫うといいかもしれません。

「段付き押さえ」とか「コバステッチ専用押さえ」とかで検索するといろいろ出てくると思います。

普通の押さえでも、慣れてくるときっと上手に縫えるようになると思いますので、練習してみてください。

時々「きれいにまっすぐ縫えません。コツを教えてください」というようなお話を伺うことがあるのですが、これといって伝授できるほどのコツもありませんが、もしかしたら、まっすぐ縫えない理由の一つに、「ずっと針先を見ているから」っていうこともあるかもしれません。

私はよくよく考えてみると、縫っているときに針はあまり見ていなくて、針がどこに落ちているかっていうことより、その横の生地の端の部分を見ていたり、ミシン押さえの位置を見ていたりするんじゃないかな?って思います。

ハンドメイドに決まりはありません。コバステッチがなくてもステキにバッグは作れます💕

決まりにとらわれず、ご自身が一番楽しい方法で作ってみてくださいね😊

GogoCandyの型紙はこちらから
gogocandy.shop
型紙に作り方はついていません。
まずは動画を見てから型紙の購入を検討してくださいね💕
youtube.com/@gogocandy_aco

Translate »
タイトルとURLをコピーしました